根管治療

歯を救うためにできることは、すべて行います

根管治療とは?

歯根の中には神経が通る細い管があります。この管のことを「根管」と言い、「根管治療」とは「根管」中の死んだ歯髄(神経や血管)や汚染物質などを除去、清掃・消毒して無菌化した後、空洞化した根管に充填剤を充填することで再感染を防止するまでの一連の治療を指します。

根管治療は、言うなれば「体の外側」と「体の内側」の境界を再構築し、細菌がそれ以上内側に侵入することを防ぐことを目的とするものです。

主な種類として、「生活歯髄療法」「抜髄治療」「感染根管治療」「外科的歯内療法」などがあります。

図)AAE HPより引用

生活歯髄療法

生活歯髄療法は、歯の神経の全部、あるいは一部を保存するための治療方法です。全てを保存する治療内容は大きく分けて「間接覆髄法」と「直接覆髄法」の2種類があります。「間接覆髄法」は虫歯が限りなく神経の近くまで進行しているが、神経が露出していない場合などに行い、「直接覆髄法」は神経が露出している場合などに行います。
また、一部を保存する「生活歯髄断髄法」は、根未完成歯に有効です。

抜髄治療

虫歯の進行により、歯髄神経が回復できないレベルの炎症に陥った場合に行われる治療方法です。
根管内の歯髄を除去し、清掃・消毒を行った後、根管に充填剤を詰めてふたたび歯の機能を回復させます。

初回治療にあたります。この治療の質による成否が、その歯の予後を左右しかねない大事な治療です。

感染根管治療

すでに歯髄が死んでしまった歯を対象にして行われます。

細菌に感染した根管充填剤を除去し、根管内を器械的に、化学的に清掃・消毒することで、根管内をできるだけ無菌化し、根尖部に生じた病変の縮小を目指します。その後、根管内には再び充填剤を充填して再感染を防止します。

初回治療と再根管治療

我が国の健康保険診療では、根管内の歯髄神経が生活している(抜髄処置)か、失活している(感染根管治療)かで分類されますが、世界的に一般的な分類法は、その根管に対し初めて行われる治療か(初回治療)、過去に根管治療が施されてものをやり替えるのか(再根管治療)によるものです。

その理由は、治療の成績が術前の歯髄の生死によってでは無く、初回治療か再根管治療かによって影響を受けるためです。

 

外科的根管治療

通常の「根管治療」の結果、残念ながら改善の見られない場合、また様々な事情により「根管治療」を行うのが困難な場合に、病変に対し外科的に直接アプローチする治療方法です。

外傷

虫歯などの病気ではなく、事故などの衝撃により歯が脱臼、亜脱臼した時などにも根管治療を行う場合があります。抜髄治療や感染根管治療を行うことで、外科的根管治療を回避することができるようになります。

当院の根管治療の特徴

> 治療中の細菌侵入を徹底的に防止します
> マイクロスコープなど、最新医療機器を使用して精密な治療を行います
> 自費になりますが世界標準のクオリティ、かつ科学的根拠に基づいた治療をご提供できます

歯根の病気(根尖性歯周炎)について

根尖性歯周炎の原因の多くは細菌によるものです。歯の神経が生きている時、通常、歯内は無菌状態ですが、虫歯が進行し神経にまで感染すると炎症を起こす場合があります。さらに感染が進行すると神経がすべて壊死し、歯根の先に病気が発生します。これが根尖性歯周炎です。そのため、「抜髄治療」を行う際には、細菌を侵入させないことが重要であり、「感染根管治療」や「再根管治療」を行う際には、細菌を効果的に清掃・除去することが重要となります。

根管治療中の細菌侵入防止のための取り組み

根管治療中に、唾液や歯の汚れなどを介して細菌が根管内に侵入するリスクがあります。そのため当院では、根管治療の際には「ラバーダム(防湿防菌シート)」を使用し、唾液や歯の周りの細菌を効果的に排除します。また「ラバーダム」には唾液中細菌の排除だけでなく、高濃度薬剤や器具が口内へ落ちるのを防止するという安全上の効果もあります。

Modern Techniqueとは?

「マイクロスコープ」「ニッケルチタンファイル」「超音波デバイス」を用いるModern Techniqueでは、これら不使用の従来の治療に対して、明らかに成功率が向上したと報告されています。

当院では、自費治療となるものの、このような近代的根管治療をご提供できますので、痛みが引かないなど、お困りの際にはご相談ください。

 

歯周病専門サイト
 
5-D Japan
 
Ishikawa Dental Office Blog