歯周病治療

歯周病治療は歯周病専門医におまかせください

大切なのは「歯周病とは何か?」を知ること

歯周病とは、歯の周囲に付着した歯垢(プラーク)が歯と歯茎の間に入り込み、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまい、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。

歯周病は別名「サイレントキラー」とも呼ばれており、初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないため、症状に気づいた時にはもう悪化してしまっていたというケースも少なくありません。そのため歯周病を予防するためには、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けることが重要となります。

また歯周病は口腔内だけでなく、糖尿病や心疾患など全身の健康にも大きな影響を及ぼすことが分かっています。

 

歯周病を治療(あるいは予防)する上で最も大切なのは、「歯周病とは何か?」を知ることです。

歯周病は歯を失う原因第1位の病気です。そして初期段階には自覚症状がほとんどないため、症状を感じてご来院頂いた時には、もうすでに悪化していたということもよくあります。
しかし「歯周病とは何か?」ということをしっかり知っていれば、「歯を失う最大の原因」だからといって必要以上に恐れたり、「自覚症状がない」ことによる油断を防ぐことができるようになります。

そのため当院では歯周病を治療する際には、まず「歯周病」についてよく知って頂くことから始めます。その上で正確な診断を行い、患者さんお一人おひとりの症状、治療に対するご希望、事情などを考慮して、画一的ではない、よりカスタマイズされた治療をご提供するように努めております。日本歯周病学会認定の歯周病専門医と学会認定衛生士が在籍する当院だからこそ、こうしたきめ細やかな治療を行うことが可能なのです。

当院では皆様の歯を守る為に、疾患の進行と再発をコントロールすることができます。歯の周囲である歯肉のみにとどまらず、歯の内部の治療である根管治療も、マイクロスコープを用いた質の高い治療を受けて頂くことができます。時間や費用といったコストを厭わず少しでも質の高い治療をご希望であれば、是非当院におまかせください。

歯を失う原因第1位、それが歯周病。しかし当院はすでに制圧しました。

現在、日本人が歯を失う一番の原因は歯周病です。

また自然治癒することがないため、一生付き合い続けなければいけない病気です。そのため「生涯、自分の歯でものを噛む」ためには、歯周病専門医による定期的なメンテナンスによる予防、症状のコントロールが必要不可欠です。

治療の流れ

1.検査

問診票をご記入頂いた後、口腔内写真の撮影、歯周ポケット検査、レントゲン検査などを行い、歯周ポケットの深さや出血の有無など歯の状態を詳細に確認します。通常、歯周ポケットの深さは1~3ミリまでが健康な状態であり、4ミリ以上の場合には注意が必要となります。

矢印

2.カウンセリング

検査結果をもとに、患者さんに症状や今後の治療方針などをご説明します。なお、激しい歯の痛みなど緊急を要する場合以外は、丁寧に患者さんから自覚症状や治療に対する希望などをお伺いした上で、綿密な計画を立ててから治療を行います。

矢印

3.基本治療

歯石除去やブラッシング指導などにより、歯肉の改善をはかります。また、併せて患者さんに「歯周病の原因は?」「なぜ、歯周病になってしまったのか?」ということをご説明し、ご自身の歯に対する意識を高めて頂きます。
その後、スケーリングによる歯根の深部の歯石除去、ルートプレーニングによる歯根面の硬化・滑沢化、不良補綴物の除去や噛み合わせの調整などを行います。

矢印

4.検査(2回目)

初期治療後、経過を観察しつつ再び口腔内写真の撮影や歯周ポケット検査などを行い、歯肉の改善具合を確認します。この段階で歯周ポケットが3ミリ以下で、出血もないようであれば治療は一旦終了となりますが、歯を守るためにも、その後も定期的なメンテナンスを受けられることが必要です。
歯周ポケットが4ミリ以上の深さであった場合には、歯周外科治療が検討されます。

矢印

5.歯周外科治療

歯周病が進行し、歯周組織が著しく破壊されている場合などには、基本治療(非外科治療)のみでは十分な効果が得られないことがあります。その場合は歯周外科治療に進むことがあります。

外科治療には目的により数種類がありますが、当院ではいかなる選択も可能です。なお、歯周外科治療を希望されない患者さんには、基本治療による症状改善・抑制、被せ物やメンテナンスなどによる現状維持など、できる限り患者さんの希望に添った治療をご提案させて頂きます。

矢印

6.機能回復治療

歯周病が病状安定の状態にあると診断された後、機能回復が図られます。最終的な修復物が装着され、メンテナンスに移行していきます。

 

矢印

7.メンテナンス(SPT)

歯周病治療は、すべての方が一切の例外なく、メンテナンスへ移行されるべきです。言い換えると、どのような高度な治療も、メンテナンスなくしては崩壊を待つのみと言えます。

歯周外科について(再生療法)

歯と歯茎の間に大量の歯垢や歯石が付着してしまっている場合、また歯周ポケットが非常に深くなってしまっている場合などには、スケーリング(歯冠部や歯周ポケット内の歯垢や歯石を取り除く治療)やルートプレーニング(歯周ポケットの奥深くに付着した歯垢や歯石などを取り除く治療)といった治療だけでなく、「フラップ手術」「GTR法」「エムドゲイン法」などの歯周外科を行うことがあります。

フラップ手術

「フラップ手術」とは、スケーリングやルートクレープなどの基本的な歯周病治療では改善させることができなかった、また深い歯周ポケットが残り炎症が消えなかった場合などに行う歯周外科治療です。歯肉を切開することで、深い歯周ポケットを形成している病巣がよく見えるようにし、歯垢や歯石、感染している組織を取り除きます。

エムドゲイン法

「エムドゲイン法」とは、「GTR法」と同様に、歯周病により溶けてしまった歯を支える骨(歯槽骨)の再生を促す歯周外科治療です。歯肉を切開した部分に「エムドゲインジェル」を挿入し、溶けた骨が再生されるのを待ちます。近年、歯周病の再生療法として多く行われている方法の1つです。

症例

before

after

歯周病専門サイト
 
5-D Japan
 
Ishikawa Dental Office Blog