インプラント・矯正

当院ではインプラントの光機能化により
骨性統合を飛躍的に高めます

インプラントとは?

「インプラント」とは、虫歯や歯周病などの病気、あるいは事故などで失った歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せることで、口腔内の機能性や審美性を高める治療方法です。

骨に人工の歯根を埋め込みしっかりと定着させるので、入れ歯のように外れたりぐらついたりすることがないため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントのメリット

顎の骨に定着させるので、外れたりぐらついたりすることがない
天然歯とほぼ同等の力で噛むことができる
入れ歯のような異物感がない
健康な歯を削る必要がなく、審美性にも優れている

光機能化により、インプラントの骨性統合を高めます

インプラント治療を成功させるためには、埋め込まれたインプラントと骨とがしっかりと結合しなければいけません。この結合を誘導させる方法として、「光機能化」というものがあります。

「光機能化」では、使用前のインプラントの表面に紫外線領域内の特定波長を持つ複数の光線を一定時間、決められた強度で当て、インプラントの劣化の原因となる炭素を除去します。そして通常はマイナスであるインプラントの電荷をプラスにすることで、マイナスの生体蛋白(歯茎や血液)と付着しやすい状態を作り出し、骨性統合(オッセオインテグレーション)を飛躍的に高めます。

こうして骨性統合を高めることにより、「治癒期間の短縮」「結合が難しい症例の対応化」「インプラントと骨の癒着能力の大幅な改善」などのメリットがもたらされます。

当院ではこの「光機能化」のための医療機器を完備しておりますので、より確実にインプラント治療を成功に導くことが可能です。

当院のインプラント治療は補綴主導型

当院のインプラント治療は、「補綴主導型」です。「補綴主導型」とは、模型上でモックアップというシミュレーションを行い、口腔内における機能的、審美的な補綴物の設計を行った上で、インプラントの埋入位置などを決定する治療方法です。外科手術が行いやすい箇所にインプラントを埋め込む「外科主導型」と比べると、噛み合わせの精度が高く、歯の寿命を長持ちさせることができるというメリットがあります。

インプラント手術に抵抗感や恐怖感がある方へ

静脈内鎮静法は、インプラント外科手術などの歯科治療に対する恐怖心や不安・緊張感を最小限に抑制し、円滑・快適かつ安全に治 療を施行する目的のために、薬物を使用して患者管理を行う方法で、当院では日本歯科麻酔学会専門医による管理のもと、行っております。
内科的基礎疾患をお持ちの方や、痛みに対する恐怖心がある方には、安全な手術のためにぜひともお選び頂きたい治療法です。

最大のメリットは、健忘効果です。例えば、手術時には医師からの呼びかけに応えることも、痛みがあった場合にはそれを訴えることもできているのに、鎮静から覚めた時には、何も覚えておられません。辛い記憶がないということで、多くの方に喜んでいただいています。さい。

当院では、インプラントはあくまで「最終手段」と考えております

「インプラントの治療実績、年間〇〇本以上」と謳っている歯科医院もありますが、当院ではそのようなインプラント実績はありません。というのも、あくまで当院が掲げる診療理念、そして理想は「天然歯の生涯維持」だからです。そのため当院では、インプラントはあくまで口腔内の機能性を維持、向上するための「最終手段」と考えております。

インプラント治療を行う時にも、まずは「なぜ、歯を失ったのか?」そのことを理解して頂くことから始めます。歯を失った原因を理解しないままインプラント治療を行っても、改善させた口腔内の機能性を維持することができず、再び何らかの不調に悩まされる結果にもなりがちです。
これはインプラント治療だけでなく、虫歯や歯周病などの治療でも同じことです。まずは病気の根本原因をしっかりと理解することが治療のファーストステップであり、「天然歯の生涯維持」のためも欠かせない重要な要素なのです。

もし他院でインプラント治療を受けたが「調子が悪い」とお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度当院までご相談ください。「歯を失った原因」を探り、理解することで、一緒にそのお悩みを解決に導きましょう。

症例

before

after

矯正治療について

歯並びや噛み合わせの問題が、歯周病を悪化させることがあります。
当院では歯周病に罹患した方に、それ以上悪化させないことを目的に、矯正治療をお薦めする場合があります。その際には連携する専門機関をご紹介させて頂いております。

たしかに1医院で、矯正治療と歯周病治療の双方を受けていただく事ができれば、通院しやすいのは明らかです。また、資格の上では、私が矯正治療を行うことに何ら問題はありません。

しかし、歯周病専門医である私と、矯正専門医である連携医院とが協力することで、より質の高い治療を受けていただけるメリットがあります。

また矯正だけでなく、当院は口腔外科、病院、内科、耳鼻科などとも連携しておりますので、幅広い症状でお困りの患者さんに対応することが可能です。

歯周病専門サイト
 
5-D Japan
 
Ishikawa Dental Office Blog