詰め物・被せ物(審美歯科)

審美歯科治療は、銀か白か?の問題ではありません

当院の考える審美歯科治療とは?

審美歯科治療はもちろん「歯を美しく」することを目的として行われる治療ではありますが、その一方で、方法を誤れば虫歯、歯周病といった病気を悪化させるリスクを持つという事実にも目を向ける必要があります。あなたはこれまで、「被せ物の年数が経過すると、劣化して身体に悪いんですよ」とか「銀歯が格好が悪いから白い物に取り替えませんか」といった非常に短絡的な説明だけで、治療を薦められたことはありませんか?

治療後白くなる…たったそれだけのために本当に、お金と時間をかける価値があるのでしょうか?

そもそも、なぜその歯は削らなくてはいけなくなったのでしょうか?
病気の原因に対して、あなたは何をしてもらいましたか?何をすべきと教えてもらいましたか?その結果あなたはその結果以前と何か変わりましたか?

もしも、それらの答えのひとつでもNOであるなら、病気の元を絶たずに結果だけを取り繕っているのですから、その治療は長持ちしないのは、当然でしょう。そればかりか、その治療が破綻した後には、さらに悲惨な状況が待ち受けているのです。

当院には、「白い歯」を手に入れたばかりなのに、「歯肉から血が出る」「ムズムズすることがある」「咬むと違和感がある」「歯肉に白いふくれたものがある」といったご相談でお越しになる方が多く、心を傷めています。そして問題は、治療の質にある場合が多いと感じています。

当院の「審美歯科治療」は、最終的にあなたの笑顔をデザインすることをゴールに目指しますが、その前提には、健康と安全が担保されていることが必須条件であると考えています。

つまり当院では「審美歯科治療」を特別なものとは捉えておらず、「天然歯の生涯維持」という当院の基本理念の、まさにその延長線上に存在するのです。
当院ではこの考え方に基づき、お一人おひとり丁寧に治療計画を立てて参ります。

 

 

美容と審美の違い

「美容(Cosmetic)」と「審美(Esthetic)」は目的を異にしていると考えています。最大の違いは「自然観」でしょうか。病気によって損なわれた組織を、あたかも健康な組織が温存されているかの如く回復することを目的とする「審美」と、なりたい自分に変身するかの如く印象を変えることを目的にする「美容」。

当院ではいずれも達成可能です。しかし、我々が優先的にご提案するのは常に「審美」です。我々にとって技術的なハードルがより高いのが「審美」であるにも関わらず…。

何故ならば「審美」の方が、より低侵襲な治療となるためです。侵襲とは、現在ある健康な組織をも見た目のために犠牲にすることを指します。

実は見た目の印象を変えるのは、我々にとって非常に容易いことです。歯を惜しげもなく削って好きな色、好きな形に変えてしまうだけで済むのですから。

 

ホワイトニング

「ホワイトニング」とは、専用の薬剤を使って歯を内側から漂白し、審美性を改善させる治療方法です。加齢、遺伝による変色、または喫煙や「コーヒー、赤ワインなど色の付きやすい飲み物をよく飲む」などの生活習慣により変色してしまった歯を白くすることが可能です。

「ホワイトニング」には歯科医院で治療を受ける「オフィスホワイトニング」と、患者さんがご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があり、このうち結婚式や同窓会などの大切な日を控えており、できるだけ早く歯を白くされたいとご希望の方につきましては、1回の治療で効果を実感して頂くことも可能な「オフィスホワイトニング」がおすすめです。

詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

「詰め物(インレー)」とは、虫歯などの治療により削った歯の穴に、セラミック(陶器)やレジン(プラスチック)、金属などの素材を詰めて審美性、機能性を改善させる治療方法です。

「被せ物(クラウン)」とは、虫歯などの治療で削った歯、または事故により破損した部分に人工の歯を被せることで、審美性、機能性を改善させる治療方法です。事故や運動時の衝突により歯が欠けた、また虫歯治療で入れた銀歯を目立たなくさせたい、そうしたことでお悩みの方におすすめです。

また、すきっ歯が気になる、前歯の歯並びを改善させたい方につきましては、「ラミネートベニア」がおすすめです。「ラミネートベニア」とは歯の表面をごくわずかだけ削り、そこにラミネートの板を張り付けることで審美性、機能性を改善させる治療方法です。歯の表面を削って白くするため、「ホワイトニング」では白くすることができなかったような歯でも、短い期間で白くすることが可能です。

ダイレクトレジン修復法

「ダイレクトレジン修復法」とは、歯が欠けた部分やすきっ歯などに詰め物を詰め、光照射により硬化させることで歯を修復する治療方法です。

通常の詰め物と比べて歯を削る量が少なくて済むため、できる限り歯を削りたくないという方におすすめです。

before

after

詰め物・被せ物の種類

<オールセラミック>

セラミックのみを使用した「詰め物・被せ物」です。透明度が高く、天然歯に近い白さを出すことができるため、非常に審美性に優れています。また金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。

<ジルコニア>

「ジルコニア」とは人工ダイアモンドにも使用される素材であり、透明度が高く、天然歯に近い白さを出すことができるだけでなく、強度、靱性に優れており、さらには汚れが付着しにくく変色にも強いという特徴を持っています。

<メタルボンドポーセレン>

「メタルボンドポーセレン」とは、金属の上にセラミックを焼き付けた「詰め物・被せ物」です。適合精度が高く、周囲の歯の色調に合わせて作ることができる以外にも、前歯、奥歯に関わらず使用することができるなどの特徴があります。

<ゴールドクラウン>

金合金や白金加金(※金にプラチナを加えたもの)で作られた「被せ物」です。適合精度が高く、耐久性に優れているので長持ちさせやすく、さらには「錆びにくいので金属アレルギーの原因になりにくい」「天然歯に近い硬度なので、周囲の歯を傷つけにくい」などの特徴があります。

症例

before

after

before

after

before

after

before

after

before

after

充実した設備で、安心・安全な審美歯科治療を

当院では「マイクロスコープ」などの設備を充実させることで、適合精度の高い、安心・安全かつ質の高い審美歯科治療の提供に努めております。

「マイクロスコープ」とは歯を拡大して見ることのできる歯科治療用実体顕微鏡のことで、肉眼だけでは治療することが難しい箇所も、これを用いることで細部にわたって認識、治療することが可能となり、より質の高い治療をご提供することができるようになります。

歯周病専門サイト
 
5-D Japan
 
Ishikawa Dental Office Blog